近畿実測株式会社 TOPページへ
電話・FAXでのお問い合わせはこちらからです

Laser Profile Observation System(レーザープロフィールオブザベーションシステム)

  • 概要
  • システムの流れ

測定原理とデータ処理

地上型3Dレーザースキャナー『RIEGL VZ−1000』は、シャープな赤外線
レーザービームと高速スキャニングメカニズムを駆使して、高速での非接触
データ収集を可能にします。(最高 122,000測定秒/が可能です。)

データを整理して3次元モデルを作成すれば一般的なCADデータとして扱えます。
さらに、断面作図や体積計算も容易に行えます。

応用

測定対象地形、構造物全体をモデル化します。
大きすぎたり一地点から見通せない対象も複数地点の測定結果からデー合成でき、
時間をあけた複数測定から差分処理や地形変動の追跡も可能。
測定した3D画像を回転させることで、移動せずに周囲の状況を把握することができます。

また、道路,造成設計,3次元によるダム堆砂量,
貯水量の計算等多分野に応用することが可能です。

3Dスキャナシステムの流れ

  • 測定位置選定 ・・・
  • データ取得 ・・・
  • データクリーニング ・・・
  • モデリング ・・・
  • 各種図面作成 ・・・
  • 計  算 ・・・
  • 鳥 瞰 図 ・・・
  • 応  用 ・・・
  • 3次元のスキャニング対象物を効率良く測定できる位置の選定
  • 対象物の測定間隔を決定。本機に測定角度を入力設定後、 自動でデータをリアルタイムに取得します。
  • 不要な部分(立木等)を削除後、三角網を形成し、コンターを 自動描画させ地形図を作成します。
  • 取得した3次元データを基に、CADシステム上で各種図面を 作成するための編集を行います。
  • 編集したデータから図面(平面図,断面図,平面スライス図等) を瞬時に自動図化します。
  • 面積,積,土量計算,縦横断計画,道路設計,造成計画等 の計算を行います。
  • 3D画像を自由に回転・ズームすることができ、各種シミュレー ションを行えます
  • CGやGISへ対応することで、国土開発計画,防災対策等様々 な用途に利用できます。