近畿実測株式会社 TOPページへ
電話・FAXでのお問い合わせはこちらからです

WIDE SWATH(ワイドスワッス)

  • 概要
  • マルチビームとの比較
  • ソナー
  • GPSシステム
  • データ解析システム
  • レンタル
マルチビーム測深機は、近年、海底や湖底を測定する機械としてよく聞かれ、広範囲を一度に
測定することにより、従来の点で捉えるデータから、面として捉える事が可能になりました。
面的データ(X,Y,Z)は、その解析方法により、今まで以上の幅広い運用が考えられます。
そこで、測定精度の向上、機械の小型軽量化、艤装の簡素化、解析技術の向上等を目的とし、
マルチビーム測深機の開発に取り組み、測定・解析・運用までの一連システムとして、
以下にその概要等を御紹介いたします。
 また、マルチビーム測深機を使用することで、面的情報を取得する深浅測量が可能となり、
その結果高密度の水中地形情報や水中構造物等を詳細に把握することが
できるようになりました。
この測深技術は、海底調査において新たなる学術的知見や使用目的を生み、従来の深浅測量
や水中地形調査の概念を変えようとしています。
このシステムの信頼性の向上と河川、ダム貯水池での災害防止手法として活用できるよう
今後も積極的に進めてまいります。

WIDE SWATH(ワイドスワッス)とは

マルチビーム測深システム(ワイドスワッス)は、国産初のマルチビームソナーと
高精度GPS(Global Positioning System−全地球測位システム)を連動させた測深技術です。
作業船の航行が自由に行えるため作業が簡素化され、さらに独自のシステムにより地形を
鳥瞰図でリアルに把握する事ができ地形図、断面図、各種計算等が一連で行えます。
小型船舶にも取付可能で、水深3m〜200mまで測定できるため、
ダム・湖・海を問わず水上工事全般にご利用いただけます。
動揺計をソナーヘッドに内蔵することで、精度の高い広範囲測量を可能にしました!!

マルチビーム測深概念図

※作業船に取り付けられたソナー部から60本の測深ビーム(マルチビーム)を90°の扇状に
 1秒間に最大5回出力し、多量の測深データを収集します。
  従来の方式と違い、海底や湖底などを面的に計測できるため、より精度の高い
 測深データを取得できます。
マルチビーム測深概念図